銀食器のお手入れ方法

銀食器は、今も昔も人気のある食器のひとつです。しかし、しばらく使わずに、そのままにしておくと、黒ずんで来たりするのも特徴のひとつです。一般的に歯磨き粉や銀専用の磨きで手入れしていると、細かな部分はどうしても落とせないし、時間もかかってしまいます。

また色々とお金もかかってしまいます。そんなとき、簡単に落とせる方法があります。鍋、水、アルミホイル、塩 これだけで銀食器の黒ずみはきれいに落とせます。まず鍋の中に水を入れ(食器がドブ漬け出来るくらいの量)次に塩を大さじ1杯分程を入れます。

その次にアルミホイルを適当な大きさに切って入れます。その次に、食器を入れ、5分から、10分程度、煮るだけで、面白い程、銀食器はピカピカになります。また同様に、ウイスキーを入れて煮ることで、変色がしにくくなるとも言われています。

急なお客様のときに、食器が必要になったりして、銀食器が黒ずんでいたら、せっかくの料理も台無しに成りかねません。そんなとき、とっさに銀食器のお手入れが出来るのですごく便利な方法です。これは食器だけではなく、銀アクセサリー類にも使用出来る方法なので、食器をピカピカにしたついでに、アクセサリー類も一緒にお手入れ出来るので一石二鳥でしょう。

フルールアフルール
ポーセラーツ用のオリジナル転写紙通販サイト。
かわいい柄の転写紙が豊富。自分だけの食器を手軽に作ろう!
http://www.fleur-a-fleur.com/

銀食器の保管方法

銀食器を使用後は出来るだけ早くきれいに洗い保管することをオススメします。またそのときに、ゴシゴシ研磨タイプのスポンジで洗うと傷を付けてしまうので、中性洗剤を適量お湯に浸し、さっと洗い流す感じでも充分に汚れは落とせます。

しつこい汚れの場合には、スポンジで軽く洗い、しつこく擦らないようにすると良いでしょう。漂白剤などは、変色させる原因にもなるので、中性洗剤のみを使用してください。銀食器を洗ったあとは、清潔な乾いたタオルでふき取り、水気を充分に取ってから保管するようにしてください。食器と食器の間にクッションとなる生地で包んで保管するのも良いでしょう。